倫理学概論 第2設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数290
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    倫理学概論

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    カントの『純粋理性批判』を読んで、「純粋理性の根本法則」について知るところを書くこと。
    カントは、自律の原理を「純粋実践理性の根本法則」として、「汝の意志の格率が常に同時に普遍的立法の原理として妥当しうるように行為せよ」としている。
    この根本法則の個人的な主観的原理としての格率が、「普遍的立法の原理」である。つまり例外なくすべての人が、欲求能力の対象に基づいて他律的に自分の意志を規定するのではなく、いかなる条件下でも通用する道徳的価値に基づいて、自分自身が立法し、その自らが立法した格率に基づいて行為することを命じられうる原理として通用する法則である。それゆえに純粋理性の根本法則は、自分の定立した格率は、普遍的な道徳的価値に依拠して自分自身が自ら立法し、自ら自分自身に服従させる格率なのである。したがって、純粋理性の根本法則は、「意志の自律の原理」であると言える。
    意志の自律は意志の自由と不可分の関係にあり、意志の自由とは、自然の因果法則から独立して、意志の原因性が自然の因果法則に影響されないで作用できるという消極的意味の自由ではなくて、意志が自ら定立した道徳法則を根拠にして働きかける積極..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。