精神医学2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数165
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     統合失調症の病因は、まだ明らかになっていないが、これまでの研究を総合した仮説として脆弱性ストレスモデルが有力とされている。遺伝的に規定された発症脆弱性になんらかの心理的ストレスが加わる事で起こるというものである。遺伝素因については古くから家族研究が行われ、一卵性双生児研究において一致率が高い (30 - 50%) が100%ではないことなどから、遺伝的要因と環境要因両方が発症に関与していると考えられている。その他、ドーパミン仮説、グルタミン酸仮説、等あるが、どれも説の域を出ないというのが現状である。症状は、大別して感情障害や思考障害、意欲•行動の障害、自我意識の障害、幻覚などがあげられる。感..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。