家庭における精神保健

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数901
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.少子高齢化社会を見る視点          
     近年、女性の社会進出により、未婚•非婚率が増えている。これらを一概に良い、悪いと言うことは出来ないが、「子供を育てること」より、女性の「自分探し」の見果てぬ欲求の方が優勢な世の中になっている。また、子供育てる為の環境的資源の不足などの府浮く雑な要因が絡み合い、子供の数は減少し続けている。少子高齢化問題は、一人ひとりの子供に対し、「適応能力を持たせる」、「社会性、社交性を持たせる」ための環境を整備する事が大切である。子供は、国を支える「国の宝」である。不確かな女性の「母性」を期待すること(母性神話)や、安易な児童手当の拡充などでは、少子化問題は解決しない。かつて子育ては、「家族」が理想的な役割を担ってきた。「家庭」という環境で、信

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.少子高齢化社会を見る視点          
     近年、女性の社会進出により、未婚•非婚率が増えている。これらを一概に良い、悪いと言うことは出来ないが、「子供を育てること」より、女性の「自分探し」の見果てぬ欲求の方が優勢な世の中になっている。また、子供育てる為の環境的資源の不足などの府浮く雑な要因が絡み合い、子供の数は減少し続けている。少子高齢化問題は、一人ひとりの子供に対し、「適応能力を持たせる」、「社会性、社交性を持たせる」ための環境を整備する事が大切である。子供は、国を支える「国の宝」である。不確かな女性の「母性」を期待すること(母性神話)や、安易な児童手当の拡充などでは、少子化問題は..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。