コンピュータ論レポート第1設題アップロード用

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数273
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    知的所有権についての今日的な課題・問題について説明せよ。
     1940年代に「ENIAC」が発表された瞬間から、コンピュータの歴史が始まった。 70年代に入ると個人向けコンピュータが開発され、2008年3月の時点でのパソコンの普及率は、単身世帯、外国人世帯を除く一般世帯を対象にした調査によると73.1パーセントとなっている(内閣府「消費動向調査」)。また単身世帯を含む世帯を対象とした調査では2007年の年末の時点で85パーセントに達しており(総務省情報通信政策局「通信利用動向調査報告書世帯編」)、いずれにせよ日本においては大半の人間が何らかの形でコンピュータやパソコンに接していることになる。
     現在の生活はもはやコンピュータなしには成り立たない状況にまでなってはいるものの、反面多くの問題も抱えているのが現状であり、今回はその問題の1つとして挙げられる知的所有権について論じる。
     「知的財産」及び「知的財産権(知的所有権)」は、各種の条約や法令において様々に定義されている。
     知的所有権の貿易関連の側面に関する協定(世界貿易機関を設立するマラケシュ協定附属書1c)では、『第一条2 この協定..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。