情報通信ネットワーク論レポート第1設題アップロード用

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数307
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     LANを構築することによって得られる利便性と問題点、およびその通信プロトコルとしてTCP/IPを採用した場合の利便性と問題点を具体的に述べなさい。
     LAN(Local Area Network)とは、リンクに同軸ケーブルやより対線、光ファイバーなどを使い、比較的近い距離、例えば同じ建造物の中にあるノード(コンピュータやハブ、ルータなど)を接続してデータをやり取りするネットワークのことである。「構内情報網と訳されることもあり、接続形態によってスター型、バス型、リング型などの種類がある。通信の制御方式にも色々種類があるが、現在はEthernetを用いることが多い。
     LAN構築によって得られる利便性は、これは自分自身が実際にLANを利用していて感じることであるが、ファイルやプリンタの共有が可能になるということが一番大きいと考える。現在のオフィスでは複数台のコンピュータやプリンタを設置している場合が多い。これは小型で高性能なコンピュータの価格が低下してきたことが理由であると考えられるが、一人の職員に一台のコンピュータが与えられているオフィスも珍しくはないだろう。そんな中で、例えばある職員..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。