行動経済学で「何が」できるのか?

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数411
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    行動経済学経済学

    代表キーワード

    行動経済学

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    行動経済学で「何が」できるのか?
    1,伝統的なファイナンス理論にとって,数理的な分析手法は,今日においても重要な要
    素である。基礎となっているのは統計学や確率論であり,「平均」の概念や「標準偏差」
    が使われることが多い。また,金融工学においては価格変動率が正規分布に従うとの基本
    命題がある。ところが,実際の金融資産の価格変動率は,必ずしも正規分布にはならず,
    いわゆる「ファット・テイル」の様相を呈することが多い。この「テイル・リスク」は,
    いわゆるリーマン・ショックによって,伝統的な金融工学に基づくリスク管理の限界が露
    呈した。
    このように,バブルの発生や崩壊,金融危機へのとしてな手がなかった..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。