経済学は,「どこで」現実に気がついたのか?

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数293
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    経済学は,「どこで」現実に気がついたのか?
    1,経済学の起源は,1776年にアダム・スミスが書いた『国富論(諸国民の富の性質
    と原因の研究)』に始まるとされる。その後経済学は,人々を幸福にすることを目指して
    発展してきた。
    経済学の理論は,まず,有効な資源配分と公正な価値分配のプロセスでの価格機能が重視
    された。最終的に価格の均衡点を見出し,その均衡した価格によって,それぞれの資源や
    財の売買が行われ,社会全体の有効な資源配分や,でき上がった価値の配分が有効に行わ
    れると考えられた(ミクロ理論=価格理論)。
    しかし,各経済活動を一つずつ見るミクロ理論によってそれぞれの経済主体が独自に合理
    的に行動することは社会全体の経済活動を停せることがと考えた
    J

    M
    ・ケ
    ,経済全体を,社会全体の価値の合(
    GDP
    )=
    C
    ()+
    I
    ()+
    G
    ()+
    E
    ()ー
    M
    ()の,がするはがを
    すとする理論をした(ロ理論=ケ。この理論は,1に
    をた,
    F
    ・ズが行った理論
    的なになったとわれている。
    その後,経済学は,マス経済学などのや,経済学,ゲ理論,ン
    ス理論,など経済理論を出し,これらは..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。