卒論 人の終期と脳死 論文の概要

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数4,089
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【論文の概要】
    人の終期とは人の「死亡」である1 。つまり,人の終期をめぐる議論とは,どの時点に
    おいて人が死亡したとみなすのかを論じるものである。従来,心臓の鼓動が停止したとき
    や呼吸が停止した状態をもって人の「死」とするのが一般的とされ,「脈がなくなり,息
    を引き取ったときが死だという死の判定基準に疑いをさしはさむ者は誰もいなかった。」
    2 。しかし,近年,医療技術の発達により,従来では生じ得なかった「脳死」の概念が登
    場し,心臓の鼓動停止や呼吸停止などをもってのみ「死」と判定することに異論が生じ,

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    - 1 -
    【論文の概要】
    人の終期とは人の「死亡」である
    1 。つまり,人の終期をめぐる議論とは,どの時点に
    おいて人が死亡したとみなすのかを論じるものである。従来,心臓の鼓動が停止したとき
    や呼吸が停止した状態をもって人の「死」とするのが一般的とされ,「脈がなくなり,息
    を引き取ったときが死だという死の判定基準に疑いをさしはさむ者は誰もいなかった。」
    2 。しかし,近年,医療技術の発達により,従来では生じ得なかった「脳死」の概念が登
    場し,心臓の鼓動停止や呼吸停止などをもってのみ「死」と判定することに異論が生じ,
    さらに,臓器移植との関連からも「脳死」をもって人の死とすることの社会的必..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。