法学 法の解釈について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数517
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    法の解釈について、具体的事例を挙げながら論じなさい。
     1、法の解釈とは、法を具体的事案に適用するにあたって、法の持つ意味内容を明らかにすることをいう。
     法規範には、その成立時期などにより言葉や文章の意味が不明確な場合や二義性を有する場合がある。また、できるだけ多くの事案に一様に適用されるよう抽象的な言葉が用いられていることがある。他方、事案の解決にあたり法規範が存在しないことがある(法の欠缺)。このような法規範を具体的事案に対して適用する場合には、これを適用しうる関係があることを示さねばならない。ここに法解釈の必要性が認められ、法の解釈は、法の内容の不備や法の欠缺を補う機能を担っていると考えられる。
     つまり、法の解釈は、法が何を望み、何を排斥しようとしているのか、という法の本質を洞察することと考えられるが、そこに人間の価値判断が介入することを避けることができない。価値判断は、これが法の解釈である以上、一般的取り決めとして設けた枠をはみ出すことは許されないが、判断の基礎に価値観の相違が見られる以上、一つの法に複数の解釈が存在する場合がある。
     然るに法の解釈は、歴史の進歩する方向に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。