民法 子の引渡し請求について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数353
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    子の引渡し請求問題について論じなさい。

    1、子の引渡し請求は、その当事者によって、親権を有する者同士の争いと親権をめぐる争い、また、親権者と第三者間の争いに大別される。また、手続としては、家庭裁判所における審判手続(対審構造をとらない)、親権による妨害排除を求める民事訴訟手続、人身保護法による手続がある。子の引渡し請求における争いは、権利の所在を判断することより、子が誰のもとで生活していくことが子にとって幸福かどうか(子の福祉)を判断することが重要である。そのため、夫婦間の争いであれば家庭裁判所における審判を利用することが望ましいと考えられるが、夫婦間以外での争いには利用することができな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。