保険法 片面的強行法規

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数374
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     平成20年に制定された「保険法」では、消費者を保護するために「片面的強行法規」という制度を導入している。具体例を挙げながら、その意義を明らかにしなさい。

     1、保険法は、社会経済情勢の変化に対応して、従来、商法第2編第10章に規定されていた保険契約に関する法制が見直され、共済契約をその規律の対象に含め、傷害疾病保険契約に関する規定が新設されたほか、保険契約者等を保護するための規定等を整備するとともに保険契約に関する法整備が行われたものである。

     2、法律の骨子のひとつとして、保険契約者等を保護するため、従来の契約締結時の告知に関する規定等が見直され、保険金の支払時期に関する規定等..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。