行政法 行政法関係の権力的な関係と非権力的な関係

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数980
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    行政法関係には権力的な関係と非権力的な関係があると言われるが、それはどのような意味か。行政訴訟法(行政事件訴訟法・行政不服審査法)や行政強制制度と関連させて考察すること。

     行政法関係は、他の法領域と異なる特殊性をもち、公共的な性格を有する公法として議論されてきた。しかし、行政法を公法ととらえたり、行政法関係を公法関係と位置づける考え方ついて行政法学内部からの批判はあるが、公益追求の目的をもった一定の特殊性があることは認識しなければならない。この行政権の行使に関する法的規制に特殊性が認められる根拠は、行政権の活動に何らかの公共性が認められる、あるいは認められるべきであると言う社会的要請に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。