行政法 行政活動の手続的制約

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数322
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     行政活動が行われる場合には、どのような手続的制約に服することになるか。主要な行政活動をあげて説明しなさい。(単に、行政手続法を書き写すだけでは、課題に答えたことにならないことに留意すること。)

     1、行政活動が行なわれる際には、充足すべき前提条件の内、活動の対象者、利害関係者、他の行政機関等との関係において、予め何らかの行為を行なう必要がある等、一定のまとまりを持った一連の要件である手続的制約を受ける。
     このような手続の目的は、行政活動の決定過程を慎重ならしめ、それを巡る各種の利益を調整することにある。
     このような手続の整備は、従来個別の法律によって行なわれてきたが、行政運営の公正性を確保し行政の意思決定の内容と過程を明らかにするために、行政手続法によって公権力の行使(処分)、行政指導、届出に限り、一般的な手続が規定されている。

    2、以下、主要な行政活動をあげて考察する。
     1)公告・公示・通知は、最終的な行政活動又は手続の進行に先立って、一般的又は個別的に当該行為や手続が行なわれることを知らしめ、これに対応した行為をとらせる契機を提供することを目的とし、行政手..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。