憲法 部分社会の法理 2009

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,013
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    憲法日本民法宗教社会法律大学問題判例国家レポート

    代表キーワード

    憲法

    資料紹介

    いわゆる「部分社会の法理」(部分社会論)についての判例の立場を紹介し、これを論評せよ。

     「部分社会の法理」(部分社会論)とは、日本の司法において、団体内部の規律問題については司法審査が及ばないとする法の原理である。言い換えれば、国家と個人のいわば中間に位する政党、学校、私企業、労働組合、宗教団体および、公的社会部分(地方議会)等は、団体として活動する上で秩序維持等のための自律規範を一定の国家的規制の枠内で有しており、その自律性に司法権が及ぶかどうかという問題のことである。 
    かつて、大日本帝国憲法下では特別権力関係論があったが、戦後の日本国憲法においては、この法理をそのまま使うことが難しくなった。これについて、憲法の理念に即して修正を試みた「修正特別権力関係論」も出たが、下記の富山大学事件以来、修正特別権力関係論の衰退とあいまって部分社会論は司法権の限界を論じるに当たり広く

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    いわゆる「部分社会の法理」(部分社会論)についての判例の立場を紹介し、これを論評せよ。
     「部分社会の法理」(部分社会論)とは、日本の司法において、団体内部の規律問題については司法審査が及ばないとする法の原理である。言い換えれば、国家と個人のいわば中間に位する政党、学校、私企業、労働組合、宗教団体および、公的社会部分(地方議会)等は、団体として活動する上で秩序維持等のための自律規範を一定の国家的規制の枠内で有しており、その自律性に司法権が及ぶかどうかという問題のことである。 
    かつて、大日本帝国憲法下では特別権力関係論があったが、戦後の日本国憲法においては、この法理をそのまま使うことが難しくなった。これについて、憲法の理念に即して修正を試みた「修正特別権力関係論」も出たが、下記の富山大学事件以来、修正特別権力関係論の衰退とあいまって部分社会論は司法権の限界を論じるに当たり広く議論の対象となるようになった経緯がある。部分社会の法理について、部分社会の内部規律には一般に司法権は及ばないとするのが判例の動向である。しかし、法秩序の多元性を前提とした一般的・包括的な部分社会論は妥当ではなく、そ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。