労働法 労働組合の法的承認

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数395
ダウンロード数7
履歴確認
更新前ファイル(2件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    労働組合の諸行動に対する法的承認は、どのような過程を経て実現するに至ったのか。また、それを踏まえたとき、わが国における「労働基本権」の保障(憲法28条)の意義はどのように理解されるべきか。

     1、近代市民革命以後、資本主義経済社会たる近代市民社会においては、自由主義の下で労働者と企業との間における雇用関係においても、近代市民法による「契約の自由」の論理が適用されていた。この経済主体の社会的関係は自由・平等な当事者の交渉に基づいて構成される、という契約の自由の論理を労働者と企業間の雇用関係にも適用することは、一見、企業側から見ても労働者側から見ても自由・平等の関係が成り立つように見える。しかし、企業側が企業の論理と計算によって先行的・画一的に定められた「就業規則」によって労働者の労働条件が決定され、労働者はそれを前提に雇用され、従事することから、そこに労働者と企業の交渉は存在しえず、このような入職時の不平等がその後の雇用関係をも支配していた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    쁉벊멺뜃궻룘뛱벍궸뫮궥귡밒뤂봃궼갂궵궻귝궎궶됡믴귩똮궲렳뙸궥귡궸럧궯궫궻궔갃귏궫갂궩귢귩뱿귏궑궫궴궖갂귦궕뜎궸궓궚귡걏쁉벊딈뙛걐궻뺎뤳걁뙖괧괰륆걂궻댰궼궵궻귝궎궸뿚됶궠귢귡귊궖궔갃
    괦갂뗟묆럖뼬둽뼺댥뚣갂럱롥똮띙롊됵궫귡뗟묆럖뼬롊됵궸궓궋궲궼갂렔뾕롥궻돷궳쁉벊롌궴딃떾궴궻듩궸궓궚귡뚖뾭듫똚궸궓궋궲귖갂뗟묆럖뼬궸귝귡걏뽵궻렔뾕걐궻뿚궕밙뾭궠귢궲궋궫갃궞궻똮띙롥뫬궻롊됵밒듫똚궼렔뾕갋빟뱳궶뱰럷롌궻뚴뤒궸딈궱궋궲맟궠귢귡갂궴궋궎뽵궻렔뾕궻뿚귩쁉벊롌궴딃떾듩궻뚖뾭듫똚궸귖밙뾭궥귡궞궴궼갂덇뙥갂딃떾뫀궔귞뙥궲귖쁉벊롌뫀궔귞뙥궲귖렔뾕갋빟뱳궻듫똚궕맟귟뿧궰귝궎궸뙥궑귡갃궢궔궢갂딃떾뫀궕딃떾궻뿚궴똶럁궸귝궯궲먩뛱밒갋됪덇밒궸믦귕귞귢궫걏뢅떾딮뫁걐궸귝궯궲쁉벊롌궻쁉벊륆뙊궕뙂믦궠귢갂쁉벊롌궼궩귢귩멟믯궸뚖뾭궠귢갂럷궥귡궞궴궔귞갂궩궞궸쁉벊롌궴딃떾궻뚴뤒궼뫔띪궢궑궦갂궞궻귝궎궶볺륟렄궻븉빟뱳궕궩궻뚣궻뚖뾭듫똚귩귖럛봹궢궲궋궫갃
    궰귏귟갂뗟묆럖뼬롊됵궸궓궋궲갂뚖뾭듫똚궸궓궋궲귖뽵궻렔뾕궻뿚궕궩궻귏귏뾭궋귞귢갂궩귢궸귝귟딃떾궸귝귡덇뺴밒럛봹궕뛱귦귢갂뚖궎롌궴갂뚖귦귢귡롌궴궻듩궻듫똚궕렔뾕갋빟뱳궴궶귡궴궋궎궞..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。