459初等教育原理Ⅰ・Ⅱ4-1 4-2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数393
ダウンロード数27
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    4-1 学校経営についてに近年の動向のうち、自分の関心のある動向の要点をまとめ、見解を述べよ。

    4-2 家庭教育の現状、問題点について考察せよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    459初等教育原理Ⅰ・Ⅱ4-1 4-2
    4-1 学校経営について近年の動向のうち、自分の関心のある動向の要点をまとめ、見
    解を述べよ。
    平成12年、地域住民の学校運営への参画の仕組みと、学校の地域に対する説明責任を制
    度的に位置付けるものとして、学校評議員制度が導入された。学校評議員は学校や地域の
    実情に合わせて、その学校の職員以外の者で、教育に関して理解や識見を持つ者の中から、
    校長が推薦し、学校設置者が委嘱する。そして校長の求めに応じて、学校運営に関して意
    見を言うことができる。これにより、地域や社会に開かれた学校づくりを一層推進し、保
    護者の意見や地域住民の意向を把握し、反映することによって、学校が家庭や地域と連携
    協力しながら、特色ある教育活動を展開することが期待されている。
     子どもたちの「生きる力」をはぐくみ、健やかな成長を促すためには、学校、家庭、地
    域が三位一体となった特色ある教育活動や、子どもたち一人一人の個性に応じたきめ細か
    な指導が必要である。
    学校評議員により家庭や地域との連携が活発になれば、総合的な学習の時間では、地域の
    人びとの協力により、その地域に根ざした..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。