459初等教育原理Ⅰ・Ⅱ1-1 1-2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数499
ダウンロード数33
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1-1 自分自身のこれまでの教育体験をふまえ、自分の視点で教育観を述べよ。

    1-2 「学力」とは何かについて考察せよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    459初等教育原理Ⅰ・Ⅱ1-1 1-2
     1-1 自分自身のこれまでの教育体験をふまえ、自分の視点で教育観を述べよ。
    教育とは、どの立場から考えるかによってその意味あいが変ってくる。たとえば、私は
    生まれてから現在に至るまで、様々な教育を受けてきた。まず家庭で、基本的生活習慣を
    習得し、ものの善悪などの道徳的価値観、行儀作法を教えられ、育ってきた。それは家族
    から直接言葉を介して伝えられたものもあれば、親を見てそれをまねているうちにできる
    ようになったもの、遊びながら自然と育った力もある。また、人からだけでなく、自然に
    触れあう中で、自然の摂理を学んだり、花を綺麗だと思う心や動物をかわいがる心が育っ
    たり、自分で遊びを創造する力を養ったりしてきた。学校では、知識や技術を学ぶだけで
    なく、集団生活を送る中で人との関わり方を自然と身につけてきた。ときにはライバル意
    識をもったり、いろいろな価値観に触れたりして、共に学ぶ仲間同士がお互い刺激を与え
    合いながら、共に成長してきた。このように人から人への意図的影響だけでなく、周りの
    環境や自然などから学ぶといった、無意図的影響も受けてきた。この場..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。