458児童心理学3-1 3-2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数205
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    3-1 知能の発達に影響する環境的要因および心理的要因について述べなさい。

    3-2 フラストレーション耐性について説明し、その育成の要因について述べなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    458児童心理学3-1 3-2
    3-1 知能の発達に影響する環境的要因および心理的要因について述べなさい。
    知能とは何か、と考える場合、①学習能力②抽象的思考能力③環境への適応能力、のおよ
    そ三つの考え方に分けられる。ただし、それぞれは完全に独立したものでなく、他と重複
    する部分も持っており、最近では知能を環境への適応能力とする考え方が受け入れられて
    いる。
    では知能を規定する要因はどのように決定するかというと、常識的には知能の発達は遺伝
    か環境か、ではなく遺伝・生理的成熟と環境・経験との相互作用によって規定されると考
    えられる。たとえば優秀な素質を持っていたとしても、劣悪な環境下に置かれれば十分な
    発達は期待することは出来ないように、現在のところ知能の遺伝的発達可能性ははじめか
    ら予測することが出来ず、発達過程で徐々に現実化されるものである。
     知能に影響を及ぼす要因には、伝統的な(家系調査法など)研究結果として遺伝的規
    定の強さが示されてきたわけであるが、最近では同一の家族や血縁者の環境条件の類似性
    によるところが大きいのではと考えられている。特に知的発達に関する研究では子育てに
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。