754初等国語科教育法2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,617
ダウンロード数91
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    754初等国語科教育法2



    2 文学的文章(童話)の学習指導を適切にするため、作品研究・学習指導研究(想定)を実践的に行う。

                                                     (テキスト「新しい小学国語の創造」)



    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    754初等国語科教育法2 2 文学的文章(童話)の学習指導を適切にするため、作品研究・学習指導研究(想定)を実践的に行う(テキスト「新しい小学国語の創造」)。
    1:P143 作品の主題は作中にぶらさがっているものではない。作品の主題は作品の構造をとおして実現される。ただ作品の主題を追求するのではなく、学習材化された作品の表現や構造について考えることが大切である。
    P148主題読みにこだわりすぎると、実践を硬直化させてしまう。何が書いてあるかではなく、どのように書かれているかを考えること。
    P149用言型で定義せず、主題を体言型に定義すると主題把握が多くの読者に共通のものとすることができる。
    P150読者がその作品をどのように受け止めるか、意味づけるかが重要。
    P150文学作品の構造や表現のあり方を追求すること。何がかかれているかではなく、どのようにかかれているかをとらえるのである。
    P157大人の読みと子どもの読みのズレ。
    P169作品のもつおもしろさを十分に楽しむこと
    2:・物語にとって大切であると思われる部分だけでなく、自分自身が気に入った文や胸に残った言葉を見つけてみること。
    ・..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。