754初等国語科教育法1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数2,075
ダウンロード数91
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    754初等国語科教育法1



    1 第5学年に、文章表現の技能を的確に習得させるうえで必要なことを、自ら「文章」を書き、かつ、以下について論述する。                                                (テキスト「新しい小学国語の創造」)



    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    754初等国語科教育法1 1 第5学年に、文章表現の技能を的確に習得させるうえで必要なことを、自ら「文章」を書き、かつ、以下について論述する(テキスト「新しい小学国語の創造」)。
    1. 1書くという行為は書き手の認識や暮らしぶり、人間関係などと密接に結びついている。2書くことの指導が技術的指導だけに偏りすぎない。3文章がただ羅列的にならないよう有効な構成、表現形式の効果的活用を考える。
    2. A取材メモ:(歴史)十和田湖町は青森県南部にあった町である。法量地区、奥瀬地区、沢田地区が明治12年には独立、法量村、奥瀬村、沢田村となり、明治22年町村制度施行後、法奥沢村となる。その後昭和9年十和田村、昭和30年十和田町、昭和50年に十和田湖町となった。平成16年12月31日をもって、十和田湖町の歴史を閉じ、翌平成17年1月1日十和田市と合併。(観光)明治41年に大町桂月が雑誌「太陽」に十和田紀行文を発表して以来観光地として注目され観光客の数が増加。十和田湖周辺には湖畔に立つ乙女の像や、奥入瀬渓流などがあり、多くの観光スポットが点在している。(自然環境)十和田湖は青森県と秋田県にまたがるカルデ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。