585総合演習1-1 1-2(2005~)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数541
ダウンロード数23
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    585総合演習1-1 1-2(2005~)

    1-1 「総合演習」設置の趣旨の要点を示し、「総合的な学習の時間」との関連について検討せよ。

    1-2 活動や体験を重視する学習の意義について考察せよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    585総合演習1-1 1-2(2005~) 1-1 「総合演習」設置の趣旨の要点を示し、「総合的な学習の時間」との関連について検討せよ。
    総合演習は教育職員養成審議会の第一次答申(1997年7月)において提言された具体的改善方策に示されている「地球的視野に立って行動するための資質能力を育てる」内容に関連して設置された教職科目である。同答申では「今日は極めて変化の激しい時代であり、世界の人々の日々の営みは国境を越えて様々に影響を及ぼし合うようになってきている。21世紀を生きる子どもたちには日本国民であるとともに『地球市民』であることが求められ、したがって、子どもたちの教育に直接当たる教員にもそれに相応しい資質能力が不可欠である」と述べられている。このように、今日の社会が、世界的規模においても大きく変動している状況に対応することのできる教育の実現を目指していることこそ、総合演習設置の背景であり、趣旨であると思われる。
     総合的な学習の時間の例示としては、国際理解や情報、環境、福祉、健康などといった活動内容があげられるが、これらの活動は子どもたちの主体性を重視し、子どもの求めを基盤として組織..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。