460道徳教育の研究1-1 1-3 選択

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数748
ダウンロード数35
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    460道徳教育の研究1-1 1-3 選択

    1-1 道徳の意義と、その教育の必要性について論述せよ。

    1-3 現行の学習指導要領により小学校における道徳教育の目標について述べよ。



    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    460道徳教育の研究1-1 1-3 選択 1-1 道徳の意義と、その教育の必要性について論述せよ。
    私たち人間は、人と人との間に生きている社会的存在である。日常において、人が人の社会の中で生きていくためには、人との関係を好ましいものに保っていかなくてはならない。そのためには、好き勝手に生きるのではなく、ある程度自己の行動を制約するといった社会的規範が必要となってくる。この「人間がいかにしてよりよく生きるのか」という課題を実現するために、行動の規範を求める世界、つまり道徳が求められるのである。しかし、人間は生まれたころから道徳的に生きることを意識し、自覚しているわけではない。真に人間らしい人間になるためには教育が必要となってくる。道徳教育は、さまざまな現実の中で多様なかかわりあいをもち、人の間に生きるうえではいかに行為するべきか、ということを自分の力で考え判断するといった実践を通して行われる人間育成である。つまり道徳教育は、生きていくという全ての面において求められるものであり、そこに道徳教育の意義があると考えられる。
     次に、道徳教育の必要性について理由を考えてみようとすると、2つの視点..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。