日本の幼稚園と小学校、幼稚園と保育所との相互関連について考察してみよう

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数275
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境福祉小学校学校発達社会保育健康幼児児童

    代表キーワード

    発達幼稚園

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第二課題
    、教育する所であり、幼児教育を必要としている3歳以上の幼児なら誰でも受けられるところである。戦後の教育改革の一環として、昭和22年交付の学校教育法(第1条)において、幼稚園は正式には学校教育体系の最初の段階に位置づけられたが、現在も義務教育化はおろか無償化も実現出来てない。
    幼稚園の教育目的は、適当な環境を与えて行われる「環境の教育」という点である。このことは、一定の内容を教え込むのではなく、豊かな環境を作り出し、子供の自発的、能動的な活動を誘発することをもって教育とする立場がとられているということです。
    「心身の発達を助長する」という点で教育の主体を子供に置き、外から知識、技術を一方的に教え込んで記憶させることを目的とする教育ではなくて子供自身の発達を援助しようということである。
    保育所は、児童福祉法に基づき保育に欠ける乳幼児を保育することを目的とする児童福祉施設であるので保育所における保育は、入居する乳幼児の最善の利益を考慮し、その福祉を積極的に増進することに最もふさわしいものでなければならない。保育所保育の目的は、児童福祉法第1条の児童福祉の理念、「すべて国民は児童が心..

    コメント2件

    ayaayaya 購入
    ん~これは、何判定でしたか?
    参考にはなりました!!
    2009/11/14 5:22 (7年1ヶ月前)

    nanayu 販売
    遅くなり申し訳ありません。Aでした。
    2010/02/16 10:12 (6年10ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。