Z1103 教育心理学1 提出リポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数164
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『児童期、青年期において社会的認知(社会性の発達、対人関係(親・仲間))の拡がり、自己意識などがどのように変化するのかをまとめよ。』
    児童期-社会的認知
    学校などにおける仲間との関わりを通じて、子どもの社会的認知は大きく成長する。
    学校や学級、仲間関係という縮図的社会において、子どもは幼児期の庇護的環境から脱却し、自分の立場を確立したり、役割を担ったりすることを求められる。そういった並列的な協同関係の中にあっては、幼児期に見られるような自己主張一辺倒の言動だけでは、集団内における自己の相対的地位が低下してしまう。そうならないためには、自己の抑制や他人への譲歩・理解、規範の遵守といった社会性を身につけなければならなくなる。このような社会に対する参加を通じて子どもの社会性は発達、伸張し、社会に対する認知が深まってゆく。
    児童期-対人関係
    幼児期の子供の対人関係は自分の両親や保護者、家族との関係が中心となっている。だが児童期の子どもたちは、新たに教師との関係を構築する必要に駆られる。
    小学校への就学によって、その場所のルールに従うこと、自身の役割を果たすこと、同級生や上級生と適切な関係を結ぶ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。