R0113 日本語学概論 設題1 提出リポート

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数570
ダウンロード数28
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『「仮名づかい」について述べよ』
    仮名遣いの必要性
    元来、平仮名は現実に存在する和語の音韻を表記する目的で編み出されたものである。そのため平仮名の各文字はある程度、成立当時の実用の音韻と対応する表音性を持つものであった。
    しかし時代が下り平安中期以降になると、実際に発音されていた音韻が徐々に変化し、複数の仮名の間で音韻同化が進む。元来は違う発音がなされていた「ゐ・ゑ・を」と「い・え・お」の音韻が区別不能になったのである。さらには文頭以外にある「は・ひ・ふ・へ・ほ」の音が「わ・ゐ・う・ゑ・を」と同化してしまったために、一つの音韻に対して二つないしは三つの仮名が存在する事態が生じた。さらに「は」行については文頭にある場合は「は」行の発音であるのに、文頭以外では「わ」行の転呼音で読まれるという複雑な使い分けが生まれた。
    こういった混乱の中で仮名遣いの整理の必要性が高まったのである。
    定家仮名遣い
    そういった混乱状態に対し少なからず不満を感じていたのが歌人としても有名な藤原定家である。定家は自らの著作『下官集』の「一、嫌文字事」の項目において、「お・を」,「え・ゑ・へ」,「い・ゐ・ひ」などの用..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。