薄層クロマトグラフィーによる未知試料混合物の分析と抽出

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,086
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    薄層クロマトグラフィーによる未知試料混合物の分析と抽出
    目的
    実際の研究で広く使用されているシリカゲルTLCプレートを用いてクロマトグラフィーを行い、未知試料を分析する。また、クロマトグラフィーの原理を理解する。
    材料および方法
      プリントにしたがって行った。
    ただし、未知試料混合物を酢酸エチル30mlに溶かし、これを未知試料溶液とした。
    また、以下の3種類の溶媒を用いて展開を行った。
           ヘキサン:酢酸エチル=4:1
           ヘキサン:酢酸エチル=4:1+0.5%酢酸
           ヘキサン:酢酸エチル=2:1
    結果
    3-1.TLCのスケッチ
         溶媒A            溶媒B             溶媒C
    溶媒A~Cはすべて同じ試料を展開したため、各溶媒の3つのスポットはそれぞれ同じ化合物であり、3つのスポットの位置関係はほぼ同じとなっている。これらのスポットをそれぞれa、b、cとした。
    3-2.Rf値
     溶媒A    
       溶媒
    スポット a
    スポット b
    スポットc
    移動距離(cm)
    4.90
    4.30
    3.45
    0.40
    Rf値
    0.88
    0..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。