PCRによる個体識別

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数440
ダウンロード数0
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料に関する説明及び紹介文句を入力してください。
    (検索、露出及び販売にお役立ちます)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    PCRによる個体識別
    目的
    PCR法を行い、各自の毛根細胞から抽出した染色体DNAを鋳型としてD1S80領域の選択的増幅を行い、ポリアクリルアミドゲル電気泳動を用いた増幅断片長の解析を行う。
    実験方法
    教科書Ⅵ‐58頁からⅥ‐64頁までの方法に従って行った。
    ただし、一部変更があったため、その箇所を以下に示す。
    Ⅵ‐61 3‐1 (2) 0.5 mlチューブ→エッペンドルフチューブ
    サーマルサイクラー→ヒートブロック
      Ⅵ‐62 3‐2 (2) 0.5 mlチューブ→0.2 mlチューブ
    ミネラルオイルを1滴ずつ加える→加えなかった
    実験結果
     3-1.電気泳動の結果とその解析
      以下に各自のDNA増幅断片を電気泳道にかけた結果を示す。
    <マーカー>
      マーカーサイズ1057 bpと770 bpの点は除いた。
              表1.マーカーサイズとその移動距離
    サイズ(bp)   1057  770  612  495  392  341  297  291  210  162
    log(サイズ)  3.02  2.89  2.79  2.70  2.59  2.53  2.4..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。