発達心理学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数245
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    発達心理学

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    発達心理学
     現代の学校教育の現場はいじめ、不登校、モンスターペアレントなど様々な問題を抱えている。このレポートではそれぞれの問題の詳細と、授業で学んだことをどう活かせるかを考察していく。
    文部科学省により2007年1月19日に見直されたいじめの定義は「子どもが一定の人間関係のある者から、心理的・物理的攻撃を受けたことにより、精神的な苦痛を感じているもの」「いじめか否かの判断は、いじめられた子どもの立場に立って行うよう徹底させる」というものである。具体的ないじめの種類については「パソコン・携帯電話での中傷」「悪口」などが追加された。いじめの件数についても「発生件数」から「認知件数」に変更された。この定義によりいじめの件数は定義の変更前と比べて増大した。また、授業のプリントによると、いじめの発生は小学生の場合、男女ともに学年が上がるにつれて増加している。
    このことから、私はいじめには成長による社会性の発達が関与しているのではかと考えた。児童期の代表的な特徴はギャングエイジである。ギャングエイジとは、小学校3,4年ごろから始まり、4,5名の同性の極めて排他的な仲良し集団での遊びである。多く..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。