将来の発展性と自己の考察

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数84
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    将来の発展性と自己の考察

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    将来の発展性と自己の考察
    将来性としての見解に、将来の自分と将来発展性のある内容を踏まえることで、将来の内容を身近な存在まで近づける事が出来る。前半に私が最も将来において注目すべき物に注目し、後半に私の将来の夢を述べる。まず、私が将来、最も大きく飛躍するであろうと見解する物質の一つに「バイオエタノール」が存在する。
    バイオエタノールとはサトウキビやトウモロコシ、木材などの植物性の物質をアルコール発酵させて作るエチルアルコール(C2H5OH)のことである。主に自動車用燃料としてガソリンに混ぜて使われて、ブラジルやアメリカなどを中心に日本をはじめとする世界各国で実用化が進められている今話題の燃料である。
     バイオエタノールの利点として燃やしても大気中のCO2を増やさないことが挙げられる。バイオエタノールの原料となる植物は光合成により大気中から二酸化炭素を吸収して成長するため、燃焼によってCO2が発生しても大気中のCO2の総量に変化はないのである。このことは国際的にも評価されていて、CO2の削減を目標にした京都議定書においてはバイオエタノール利用によるCO2排出は、排出量としてカウントされな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。