ICE動作確認演習

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数137
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    ICE動作確認演習

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ICE動作確認演習
    「実験の概要と方法」
    ICEで提供されているネットワークサービスについて動作確認を行う。どのようなサービスが利用可能であるか調べる。具体的に行う作業としては、telnetコマンドによって各ホストを各ポート番号に対応するサービスが利用可能であるかを確認する。(すべてのサービスについて調べるのは多数すぎのため、主要なサービスのみにする。そのサービスについては「結果」の最後に詳細に掲載する。)
    ホスト名:icemilk   OS:Redhat Enterprise Linux ES4
    ホスト名:icecs   OS:Slackware Linux 2.4.33.3
    ホスト名:ftp   OS:Slackware Linux
    注:今回の結果は、主要なサービスについてのみとなっている。その詳細を以下の表にまとめる。
    ポート番号
    プロトコル
    用途
    20
    ftp-data
    ファイル転送(データ本体)
    21
    ftp
    ファイル転送(コントロール)
    22
    ssh
    シェル:SSH(セキュア)
    23
    telnet
    シェル:telnet
    25
    smtp
    メール送受信:SMTP
    53
    doma..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。