Bradford法によるタンパク質濃度の測定

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,010
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    Bradford法タンパク質濃度

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    Bradford法によるタンパク質濃度の測定
    タンパク質の分析
    目的
    新規の遺伝子を単離したときに、その機能を明らかにする方法はいくつかある。このなかで、最もストレートな解析方法は、その遺伝子が作り出すタンパク質を生成し、生化学的にその機能を解析するという方法である。そのためにはまず、タンパク質を組織から単離・精製し、分離・分画することが必要である。この実験では、基本的な実験操作となる、タンパク質の抽出と精製、電気泳動による分離分画の方法を学ぶ。
    材料・試薬
    Bradford法によるタンパク質濃度の測定
    ニワトリの肝臓、卵白、ささみ、プロテインアッセイキット、タンパク質標準溶液(1mg/ml牛血清アルブミン)、バッファー、蒸留水
    タンパク質の分析
    各種動植物組織から得た粗タンパク質画分、サンプルバッファー、30%アクリルアミド溶液、1.5M Tris-HCl(pH8.0)、0.5M Tris-HCl(pH6.8)、10%SDS、10%APS、TEMED、泳動バッファー、固定液、脱色液
    実験器具
    Bradford法によるタンパク質濃度の測定
    はさみ、マイクロタイタープレート、1.5mlプ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。