混合金属熱分析

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数12
閲覧数366
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    混合金属熱分析
    実験目的
    1)クロメル-アルメル熱電対温度計の較正を行う。
     2)較正された温度計を用いて、Sn-Pb系合金の状態図を作成する。
    実験内容
    2.1 クロメル-アルメル熱電対温度計の較正
     ここでは純金属の融点(凝固点)を測定し、真の融点との比較から得られた熱電対温度計を較正する。標準試料として、Sn、Bi、Pb、Znを用いる。各試料の融点を表1に示す。
    表1.金属の融点
    熱電対の原理
      物質に温度勾配をつけると起電力が生じる「ゼーベック効果」を用いて温度を測定する。起電力をV〔V〕、温度T〔K〕とすると物質に固有のゼーベック係数Sは、
             S=-                 ――①
      で表わされる。①式を変形すると、
              V=-                ――②
      となる。
       次に図1に示すように物質1(T1)と物質2(T2)をゼーベック係数の異なる2本のリード線でつなぐ。さらに物質2に電圧計(T0)をつなぐ。
    2本のリード線のゼーベック係数をSa、Sbとし、電圧計のリード線のゼーベック係数をSdとすると②式より計測される..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。