X線回折実験

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数615
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ラウエ斑点によるX線分析
    1 実験目的
    X線とは何がどのようにして発生させるのかを学ぶ。また、X線の特性を利用した物体の透視観察、ラウエ写真の撮影、デバイシェラー環の撮影を行うことを通して、結晶の微細な構造を観察する為にX線がどのように応用されるかを習得することを目的とする。
    2 実験内容
    本実験で使用するX線発生装置等の規格は以下の通りである。
    X線管球:熱電子型X線管
         油浸冷却式Cuターゲット
        (線 Å)
    管球電圧: [kV]
    管球電流: [mA]
    管球規格: [kV]  [mA]  [min]
    ラウエカメラピンホ-ル: [mm]
    デバイカメラ:Niフィルタ内蔵
     フィルム巻き径 [mm]
    X線照射方向は試料室上部から下向き
    試料室扉にX線インターロックを装着
    1:試料観察窓  2:試料室扉     3:X線管電圧計    4:X線管電流計
    5:タイマー   6:X線管電圧調整  7:X線管電流調整   8:電源スイッチ
    9:タイマースイッチ         10:X線管フィラメント電源スイッチ
    1 透過ラウエ法による単結晶試料の解析
     ラウエ法は最も古いX線..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。