鋼製梁の弾性挙動

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数107
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    実験比較考察理論試験原因

    代表キーワード

    鋼製梁の弾性挙動

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    鋼製梁の弾性挙動
    実験の目的
    鋼製梁の板厚を超音波計測器によって計測する。
    鋼製梁に載荷を行い、たわみ、ひずみ、応力を求める。
    実験方法
    試験体の幅、高さを、計測箇所を変えてノギスで4回計測し、平均をとる。
    試験体の板厚を、計測箇所を変えて超音波計測器で4回計測し、平均をとる。
    試験体の所定の場所(図-1)にひずみゲージと3軸ゲージを貼り付ける。
    試験体を支持台にセットし、巻尺によって支間長を計測する。
    試験体の支間中央に変位計をセットする。
    ひずみゲージと変位計をデータロガーに接続し、初期化する。
    班員の一人の体重を体重計で計測する。
    その班員が梁の上に乗り、載荷位置と、ひずみ、変位計の読みを記録する。少なくとも4箇所以上載る位置を変えて計測する。
    図-1 貼付位置
    実験結果 
     以下に実験結果を述べる。
    表-1 鋼製梁の諸データ
    幅B(mm)
    高さH(mm)
    ノギスによる板厚t(mm)
    超音波計測器による
    計測伝播時間(μs)
    一回目
    100.1
    100.1
    2.3
    0.705
    二回目
    100.2
    100.3
    2.2
    0.720
    三回目
    100.1
    100.6
    2.4
    0.71..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。