交通論

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数251
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    交通情報分析問題政策サービス自動車時間通信比較

    代表キーワード

    交通論

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    交通論
    中村分
     その1
    交通量
     道路または車線の一断面を単位時間内に通過する車両または人の数。
    定義式   [台/時]
    AADT
     年平均交通量と言い、道路の使われ方を表す尺度である。
    交通流率
     一時間より短い集計時間の交通量の一時間換算値。
     その2
    割愛
    その3
    交通渋滞の交通工学上の定義について、交通需要と交通容量の各用語を用いて説明せよ。
     交通需要が交通容量を超過し、超過分が滞留する現象。
    ボトルネックになりやすい区間を2つ以上あげよ。
     信号交差点、路上駐停車、料金所、分・合流部、サグ、トンネル の中から2つ以上。
    ある道路区間に、交通密度の不連続面がある。この地点の上流側、下流側の(交通密度,交通量)をそれぞれ(k1,q1)(k2,q2)とするとき、交通密度の不連続面の伝播速度uを求める式を示せ。
    平均車頭時間Δtと時間交通量q、平均車頭距離Δsと交通道度kの関係
       
    車両の到着がポアソン分布に従うと仮定すると、車頭時間はどのような分布に従うか。
     
    その4
    単路部とはどのような区間か説明せよ。
     信号、一時停止標識、踏切などの外的要因によって交通が中断すること..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。