一面せん断試験

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数1,353
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    一面せん断試験
    実験の目的
    一面せん断試験は、上下に分かれたせん断箱に土供試体を納め、垂直応力を載荷した状態で、可動箱を固定箱に対して水平に移動させてせん断を行う。この試験によって、強度定数c、φが求められ、斜面の安定計算、擁壁の土圧計算、基礎の支持力計算に利用される。また、定圧試験によるやは砂質土地盤や粘性土の長期的な安定計算使われる。本実験では、この、を求める事と、間隙比が異なる二つの砂試料のせん断挙動を調べる事を目的とする。
    実験結果
    次項のデータシートにまとめる。
    間隙比=0.881(密詰め)、0.894(ゆる詰め) 垂直応力=196.2kN/m2
    図-1 せん断応力‐せん断変位関係
    図‐2 垂直応力‐せん断変位関係
    図‐3 間隙比‐せん断変位関係
    一面せん断試験・強度特性              3班 試験日2009年6月9日
    密詰め砂
    ゆる詰め砂
    間隙比 
    0.881
    0.918
    0.894
    1.046
    垂直応力 )
    196.2
    64.7
    196.2
    64.7
    せん断強さ 
    211.46
    79.21
    178.49
    76.34
    強度定数 
    14.14
    26.08
    45.16..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。