コンクリート強度試験

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数992
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    コンクリート強度試験
    コンクリートの強度試験
    圧縮強度試験
    実験の目的
    ある配合のコンクリート強度を知って、所要強度のコンクリートをつくるのに適した配合を選定する。
    セメント、骨材、水、混和材等の材料が使用に適するかどうかを調べて、所要の諸性質をもつコンクリートを最も経済的につくりうる材料を選定する。
    圧縮強度から、引張強度や弾性係数等をある程度推定することができる。
    コンクリートの品質を管理する。
    設計に仮定した圧縮強度やその他の性質が、実際の構造物に施工されたコンクリートにあるかどうかを調べる。また、型枠のとりはずし時期を決めることができる。
    実験方法
    円柱供試体の高さの中央で、互いに直交する2方向の直径を0.2[mm]まで計り、供試体の直径dを次式で,有効数字3桁まで求める。
          d[mm]=
          ここに,d1,d2:直交する2方向の直径 [mm]
    試験機を点検し、調整する。試験機は秤量の1/5から秤量までの範囲で使用する。
    供試体に衝撃を与えないように一様な速度で荷重を加える。荷重を加える速度は、最大荷重の約50 [%]程度までは、比較的早くてもよいが、その後..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。