平板測量および角測量

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数832
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    平板測量および角測量
    目的
     平板測量器を用いて、あらかじめ指示する校舎周辺の現況(地形・地物など)を測量して地形図を作成する。
    実習日時と場所
     実習日時: 7月6日
     
    使用器具
    平板
    三脚
    ポール2本
    エスロン・テープ
    用紙
    アリダード
    求心器
    垂球
    磁針
    (10)測針
    (11)三角定規
    4. 実習の方法
    4.1 実習の方法
    平板に用紙を貼り付ける。
    三脚に平板を貼り付ける(三脚の求心・定位用締め付けねじを取り外してから)。
    三脚を基準点の上に設置する。その際、図上の基準点の位置と描写対象地域、及び平板の可動範囲を考慮すること。平板上の高さの目安は腰よりも少し上(腰よりも低く設置した場合、平板に肘などをついて体重をかけてしまい、結果として平板が水平でなくなってしまうので)。
    整準・求心・定位の3条件を満たすよう平板を据え付ける(この作業を標定と呼ぶ)。
    <整準>整準用締め付けねじを用いてアリダードについている気泡管の気泡を中央に導く。平板に平行な位置とそれに直行する方向の双方でチェックし、最終的にどの方向においても気泡が中央にくるようにする。
    <求心>地上の基準点に対応する図上の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。