高分子合成実験レポート

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数1,106
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    高分子合成実験

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    高分子合成化学実験レポート
                           
                           
    アクリルアミドの重合(単独重合)
     1.目的
    AAPDを開始剤とするアクリルアミドの水溶液中でのラジカル単独重合を行う。開始剤の量、反応温度、反応時間を変え、ポリマーの重合率の違いを確かめる。
     2.実験方法
    配布されたプリントの項目(2)に従い行った。
           ただし、我々のグループは、
    開始剤量 0.30 ㎎
    温度 70℃
    時間 30分
     という反応条件で行った。
           
     3.実験結果・考察
     <ラジカル反応式>
    <収量・収率>
       アクリルアミド秤取量         0.50 g
       ポリアクリルアミド粗ポリマーの収量・収率  0.36 g 73%
       ポリアクリルアミド再沈殿後の収量・収率   0.37 g 75%
                       
     今回、同じ重合条件だった他グループと比較してみると、収率は同じくらいで信頼度の高い結果になったと思われる。これも脱気操作を十分に行えたことや、ポリマーの沈殿を定量的に取り出せたこ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。