荷電の差に基づく卵白タンパク質の分離・精製タンパク質の定量

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数1,048
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    卵白タンパク質の分離

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    荷電の差に基づく卵白タンパク質の分離・精製タンパク質の定量
    目的
    一般的な陽イオン交換体の1つであるカルボキシメチルセルロース(CMC)を担体として用いて、pHの異なる緩衝液を用いて卵白タンパク質を段階的に溶出し、分離する。また、結晶化したオボアルブミンおよび均質化卵白、イオン交換クロマトグラフィーによって分画された各画分のタンパク質をUV法およびLowry法で定量する。
    実験方法
    教科書V‐20からV‐22頁の方法にしたがって行った。
    実験結果・考察
      3-1.ゲルの体積
       充填したゲルの高さ    2.1 cm
       充填したゲルの体積    6.594 cm3
      
      3-2.CMC前画分の吸光度・体積
       吸光度         0.501 nm
       CMC前画分の体積    198 ml
      3-3.卵白希釈液の各画分の吸光度
    A溶液、B溶液、C溶液、C+NaCl溶液(D溶液とする)の4種の溶液で、約10 mlずつ分取した溶出液の280 nmでの吸光度を下の表1にまとめた。
                 表1.各画分の吸光度とpH
    A
    B
     
    C
    D
     
     
    吸光度
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。