応用定量操作

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数15
閲覧数348
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    応用定量操作

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    応用定量操作
    <実験1:個体試料の水分含量の測定>   
    目的
     与えられた風乾試料・風乾細土にはまだ遊離水が含まれている。しかし、個体試料に含まれる無機成分の濃度は、乾物重量(105℃で乾燥した物質の重量)を基準に表すのが通例である。ここでは実験で得られる風乾重量基準の測定値を乾物重量基準に換算するため、試料の水分含量を測定する。また、恒量を得るという操作を通じて、重量分析について学ぶ。
    実験方法
     教科書ⅡA-7の方法に従って行った。
    3.実験結果
     3-1.秤量ビンおよび各試料の恒量
    乾燥前の重量(g) 恒量(g) 含有水分量(g) 秤量ビン① 26.8517     秤量ビン②    26.1277 土壌試料① 1.0069 0.9390 0.0679 土壌試料② 1.0065    0.9389 0.0667 食品試料① 1.0261    0.9201 0.1060 食品試料② 1.0078 0.9034 0.1044   
    実験は二連で行った。土壌試料①②および食品試料①②は同一の試料である。また、土壌・食品試料①は秤量ビン①に、②は秤量ビン②に入れて秤り取った。
     3-..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。