Fe金属イオンにおける反応性 評価:優

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数236
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    Fe金属イオンにおける反応性
    ≪実験目的≫
    2H2O2→2H2O+O2の反応において、触媒としてFe2+,Fe3+,Fe3+のEDTA錯体を用い、pHを変え比較することにより、これらの触媒としての作用、優劣、相関などについて調べる。
    ≪実験手順及び結果≫
    Ⅰ) 触媒としてFe3+を用いた。
    試料の調製
    Fe(NO3)3 0.5043g に水30mlを加え濃度0.069mol/l、pH1.4の溶液を作った。
    三角フラスコに①で作った触媒1ml、3%H2O2(0.882mol/l)溶液25.0mlを加え実験を行った。結果を以下に示す。
    図1;Fe3+触媒における酸素量と時間の関係
    反応速度定数kの決定。
    過酸化水素の分解反応なので一次の反応速度の積分形より
     
    、a(=0.0892mol/l)は定数である。
      また初期反応においては式(1)のように近似できるため
              …式(1)
    ②のグラフからV0/tがわかるので、値を代入して
           k=2.466(1/s)
    Ⅱ) 触媒としてFe2+を用いた。
    試料の調製
    Fe(NO3)3 0.5043g に水30ml、濃硫酸1..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。