遺伝子工学基礎実験

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数17
閲覧数451
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料に関する説明及び紹介文句を入力してください。
    (検索、露出及び販売にお役立ちます)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    遺伝子工学基礎実験
    <実験操作>
    DNA断片の分離(3日目)
    プラスミドDNAの制限酵素による切断
     以下の溶液を順に混合した。
    プラスミドDNA溶液
    制限酵素用緩衝液(H Buffer)
    制限酵素(EcoRⅠ)
    制限酵素(XhoⅠ)
        混合後37℃で30分間反応させる。
       アガロースゲル電気泳動
    2)のアガロースゲルの作成と同様にして電気泳動用アガロースゲルを作る。次に制限酵素反応溶液を2ウェルに分けて入れ、マーカーDNA溶液とともに流した。
      DNA断片の分離・精製
       電気泳動終了後、ゲルをトランスイルミネーター上で、カッターを使ってインサート、ベクターを別々に切り出した。それぞれ重さを量ったエッペンチューブにとり、再びエッペンチューブごと重さを量り、入れたゲルの重さを算出した。ゲル1mgにつき1μlのcapture bufferを加えボルテックスでよく混合し、ゲルが完全に溶けるまで60℃で保温した。
       完全に溶けたサンプルをFlashした後、GFXカラムをチューブにセットし、サンプル溶液全量をカラムに入れ、そのまま室温で1分間置いた。カラムを13000rpmで..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。