Synthesis of 1,2-Diphenylethane Derivatives 評価:優

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数374
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    実験測定課題考察理論融点原因理解特徴分子

    代表キーワード

    実験

    資料紹介

    資料に関する説明及び紹介文句を入力してください。
    (検索、露出及び販売にお役立ちます)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    有機化学実験第二
    1,2-ジフェニルエタン誘導体の合成
    ※有効数字は原則三桁で表記する。ただし、実験結果は得られた通りの数値で表記するものとする。
    Ⅰ、原理・目的
    【A、Benzil】
    Benzoin (C6H5-CO-CH(OH)-C6H5)は、nitric acidやpyridine中copper(Ⅱ) sulfateによって酸化され、α-diketoneであるbenzilを生成する。生成された物質の構造・特徴や、操作手順について理解し、課題などを通して、一連の反応についても深く理解する。
    【B、Hydrobenzoin】
    BenzoinやBenzilにおけるカルボニルの還元(methanol中sodium borohydrideによって即座に)は2種類の立体異性体の混合物を与える。生成された物質の構造・特徴や、操作手順について理解し、課題などを通して、一連の反応についても深く理解する。
    Ⅱ、実験操作
    【A、Benzil】
    (1)、4.00gのbenzoinと20mlのacetic acid、10mlのHNO3をナス型フラスコに入れて試薬を調製した。
    (2)、湯浴温度を95℃に保ち..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。