微細物の形態および分類 評価:A+

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数21
閲覧数213
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    微細物の形態および分類

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    目的
    農芸化学の分野に関連の深い微生物が、どのような形態(構造)であり、どのように生育(増殖)して行くのかを知る。このため、各自に配布される各種微生物を培養し肉眼および顕微鏡観察、あるいは生理試験を行って、それぞれの特徴を把握、同定する。さらにこの実験を通して微生物の多種多様性の一端を実感する。
    実験方法
    教科書Ⅵ‐2からⅥ‐49頁の方法、配布されたプリントに従って行った。
    配布された菌は15(カビ)、33・34(細菌)、45(放線菌)であった。
    実験結果・考察
    カビ
    <G・C>
         1日目    ⇒     4日目     ⇒    7日目
     コロニーは円状で、全体的に白    全体は6.7㎝で、中央が緑でその     コロニーは中央が緑でその周りが
    色。直径0.2㎝           周りを白い帯が囲んでいた。白い毛    白く、全体に短い毛が生えていた。
        が全体に生えていた。 コロニーは      シャーレの全体にも薄く白い毛が生
    盛り上がっていた。 えていた。盛り上がっている。
    ・7日目のスケッチ
    <液体>
         2日目    ⇒     4日目     ⇒..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。