酵素反応速度論 評価:A

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,019
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    酵素反応速度論 評価:A

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    Ⅱ.酵素反応速度論
    <反応の時間的経過>
    1.目的
     基質の最終濃度が5 mMと0.2 mMの2種類の場合について反応を行い、低基質濃度でも初速度を測定し得るか否かを検討する。
    2.方法
    教科書Ⅴ-12の方法に従って行った。試薬と酵素液の混合量は、教科書Ⅴ-9の活性測定操作と同様に行った。
    反応時間は0,15,30,45,60,75,90分とし、各基質濃度の酵素ありの場合についてのみ2連で行った。また、酵素は10倍希釈を用いた。
    3.実験結果
    3-1.経過時間と吸光度
      2つの基質濃度の各時間の400nmにおける吸光度(補正値)を以下に示す。また、これらの値からxを時間、yを吸光度としてグラフを作成し、検量線を算出した。
    表2.基質濃度5 mMにおける吸光度変化
    0分 15分 30分 45分 60分 75分 90分 5 mM ① -0.080 0.198 0.511 0.779 1.021 1.308 1.523          ② 0.059 0.165 0.462 0.774 1.065 1.328 1.576 平均値 -0.011 0.182 0.487 0.777 1.04..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。