遺伝子組み換え実験 評価:A+

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数587
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    遺伝子組み換え実験 

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    目的
    プラスミドpHSG‐GFPのGFP遺伝子をプラスミドpUC119にサブクローン化する。この組換えプラスミドを大腸菌に導入することで、遺伝子組み換え大腸菌を得る。
    実験方法
    教科書Ⅵ‐52頁からⅥ‐57頁の方法と配布プリントの「実習テキストの変更・補足」に従って行った。ただし、アガロース電気泳動はa.~g.までをTAが準備した。また、陰性クローンは生えなかったため、17・18のペアからもらったものを培養した。
    <実験概要>
    プラスミドpHSG‐GFP、pUC119をBamHⅠで切断する。
    切断したプラスミドをライゲーションする。
    pHSG‐GFP:pUC119は10:1の質量比で行った。⇒この比が最もGFPがpUC119に組み込まれやすい。
    乾燥サンプルにTE溶液を入れ65℃で10分置くことで、プラスミドを切断箇所で完全にばらばらにした。
    EDTAは細胞膜の安定化に必要なMg2+やCa2+といった二価の陽イオンをキレートする。
    ライゲーションハイを入れた後16℃においてリガーゼの至適温度で保持した。
    連結したプラスミドDNAをコンピテントセルに導入し形質転換を行う。
    42℃に30秒..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。