ゲルろ過法 評価:A

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数442
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    ゲルろ過法 

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    Ⅲ.ゲルろ過法
    目的
     タンパク質の分離・精製の有力な手法であるゲルろ過法を用いて、酵素原液に含まれるタンパク質を、分子量既知のマーカー酵素とともに分離する。酸性ホスファターゼの溶出パターンを全タンパク質の溶出パターンと比較することによって、酵素精製の基本概念を修得する。さらに、分子量既知マーカーの溶出パターンとの比較から、酸性ホスファターゼの分子量を推定する。
    方法
     教科書Ⅴ-15~17の方法に従って行った。
     ただし分子量既知のマーカーによるキャリブレーションは行わず、マーカー溶液500 μl+酵素原液1 ml+2N  NaCl 50 μlを遠心して得られた上清を展開試料とした。
    実験結果
    3-1.実施条件
    ・カラム内径:1.5 cm
    ・ゲルの高さ:77.5 cm
    ・ゲルの容積:0.75×0.75×π×77.5≒136.9(ml)
    ・流速:およそ0.5 ml/min
    ・フラクションチューブの乾燥重量:No.2~6合計43.35 g
    ・フラクションチューブの乾燥重量+溶出液重量:No.2~6合計66.14 g
    分画容量 (66.14-43.35)÷5=4.558(ml/本)
    3-2..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。