タンパク質実験・実験レポート 評価:S

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数16
閲覧数2,936
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料に関する説明及び紹介文句を入力してください。
    (検索、露出及び販売にお役立ちます)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    タンパク質実験レポート
                           
         
    A.オボアルブミンの分離精製と精製タンパク質の定量
    A-1.オボアルブミンの分離精製
    目的
    鶏卵から卵白を分離し、硫安分画および結晶化によりオボアルブミンを分離、精製した。
    実験方法
    教科書Ⅴ-18~19頁の方法に従って実験を行った。
    ただし、透析外液の交換は帰宅前・翌朝の2回とした。
    実験結果
     実験過程において見られた主な変化を以下に示す。
    卵から卵白を分離
       氷冷下 ワーリングブレンダーで撹拌。(1000 rpm 5 min)
    均質化卵白 30 ml
     このうち、1 mlを冷蔵保存。
    均質化卵白 29 ml 28.3829 g
       飽和硫安 30 mlを加え、添加後拌30分撹拌。
       (変化…始めは透明であったが、2 mlほど入れると白い‘もや’が発生した。7 mlほどいれると‘もや’は消えなくなり徐々に白濁した。均一な乳白色の白濁となった。)
    均質化卵白飽和硫安懸濁液
       遠心分離(10000 rpm 10 min 25 ℃)
       得られた上清をろ過。
    均質化卵白飽和硫安溶液 上清
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。