分子遺伝学実験レポート 評価:優

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数682
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    分子遺伝学実験
    Ⅰ.実験A
    目的
     5種類の大腸菌株をlac オペロンの誘導・非誘導条件下で培養し、β‐ガラクトシダーゼ(LacZ)活性を測定する。
    材料と方法
     配布プリント3~4頁の内容に従って実験を行った。
     ただし、濁度測定はOD660、LacZ活性の測定時にはOD420とOD530の測定を行った。
    結果
    3-1.各大腸菌株の培養結果
    2時間振とう培養した各大腸菌の30分ごとの濁度(OD660)を以下の表に示す。
              表1.各サンプルの30分ごとの濁度
       1    2    3    4    5 (-) (+) (-) (+) (-) (+) (-) (+) (-) (+) 0分 0.065 0.059 0.135 0.030 0.070 0.070 0.060 0.050 0.060 0.050 30分 0.080 0.070 0.049 0.025 0.094 0.090 0.060 0.055 0.065 0.055 60分 0.120 0.100 0.150 0.030 0.130 0.110 0.120 0.100 0.110 0.100 90分..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。